ブログトップ

東灘からポタリング

akaihiaoih.exblog.jp

ポケロケ・ブロ・マドン、3台の愛車でどこかに出かけた時の記録など

<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

久しぶりのマンガネタ。

先週からヤングジャンプで連載開始したマンガ。
作者はつい先日まで同誌で「孤高の人」を連載していた坂本眞一氏。
(下に掲載した当時の肖像画の「クリッとした物憂げな視線」とか、アレンジしながら上手く表現している印象。)
b0211800_19124514.jpg

描くのは「ムッシュ・ド・パリ」と称された仏国国選処刑人、シャルル・アンリ・サンソン。
こちらは当時の肖像画。
なかなかのイケメンだったらしく、執行人の家系ではない一般人から妻をめとったとのこと。
b0211800_18553688.jpg

元本はこちらあたりの新書か。

曰く、15歳で卒中で倒れた父親の後を継ぎ、18歳で彼の国でも150年ぶりの極刑・八つ裂きの刑に立ち会い(あまりのショックで実際に執行した叔父は廃業)、熱心な王党派でありながら職務上ルイ16世やマリー・アントワネットのギロチン刑を執行し、、といった経歴で、
長いヨーロッパ史でも1-2を争う処刑数の処刑人ながら、反面で熱心なキリスト教徒で生涯に何度も死刑廃止の嘆願書を上奏した..と。
あるいは職務上どこをどう痛めるとどうなるかといった情報に知悉していたため、副業では腕の立つ医師としても活躍していたとか、自分の処刑で傷ついた患者を献身的に治療していたとか、貧乏人には治療費を請求しなかったとか。
極めて複雑な経歴の持ち主らしい。
b0211800_18553987.jpg

ちなみにこの新書も相当面白く一気読みが出来る代物。
この本によれば当時のフランスでは斬首が最も名誉のある貴族限定の死刑で、いわば日本の切腹にあたったらしい。曰く、絞首刑は家名の障りになるが、斬首は全くならなかったとのこと。そう言われるとハリー・ポッターシリーズの「首無しクラブ」の存在も頷ける。
あちらの方にしたら日本の切腹は、理解不能の残虐刑という事らしい。

マンガに戻ると、今週の第2話も相当なスケール感。
さてどんな話になってゆくのか、久しぶりに楽しみな作品と邂逅できた感じである(字数が少ないのでコンビニの立ち読み向きだし、、)。
[PR]
by ichiro82 | 2013-02-08 19:02 | 書評
本日は帰りにいつも繁盛しているライオン堂に。
放っておいてくれるのと、1-2杯程度でも気軽に退店できるのが、繁盛している店の利点か。
b0211800_1931321.jpg

カウンターの店員さんはほとんど学生バイト風だが、キビキビと緊張感のある所作で見ていて気持ち良い。
200-400円程のツマミから、本日はこちら豚のチャーシュー280円也を。
b0211800_19312716.jpg

また明日から寒くなるそうなので、気をつけて皆さんお過ごし下さい。
[PR]
by ichiro82 | 2013-02-07 19:39 | ポタリング
土曜日が雑用で潰れてしまったので、日曜に張り切ってロングライドに。
朝7時に起きて西に、加古川を目指す。
9時半過ぎ、50km少々で加古川の河口に到着、案外近い。
b0211800_16272643.jpg

目当ての店は11時開店、その間加古川右岸自転車道を北上、こちら加古川大堰なる水門で河川敷の自転車道は終了。
b0211800_162729100.jpg

11時過ぎに駅近辺に戻ってこちらに、エデン。
b0211800_16273147.jpg

頼んだのはこちら、エビカツライス950円也。
b0211800_1627343.jpg

サクサクの薄目のカツとあっさり味のデミグラスソース、見た目よりもしつこくなく、これなら女性でも完食できそう。
実際のとこ来店時の男女比では女性が7割と優勢だった。

その後は東に向けて帰路に、と思っていたら加古川の郊外で見つけたこちらのパン屋、ちょうど昼食時もあってか広い駐車場が満車で大繁盛中。
b0211800_16274733.jpg

一番目のつく場所にはこちらの「究極のカレードーナツ」が。
どんなモノかと購入。
b0211800_16284328.jpg

こうして4時過ぎに帰宅、走行距離は135km程に。

ちなみに購入した「究極のカレードーナツ」、帰宅後に食べたが、道中冷やされ続けたためか中の牛スジが固まってゴムみたいで、、と、若干残念な結果に。
でもまあ良い天気で、久しぶりにガッツリ走った感じで、充実した1日だった。
[PR]
by ichiro82 | 2013-02-03 16:56 | ポタリング
小二の次女がiPadを見ながら熱心に何か書いていると思ったらこんなもの。
b0211800_1850478.jpg

アンジェラ・アキの手紙〜拝啓 十五の君へ〜
皆様御存知のオリジナルはこんな感じ。
板野郡板野町出身のハーフ、、と、彼女もなかなか大変な思春期を経験したのだろうか。

そのあたり多分に姉に引っ張られているのだろうが、9歳の身で歌詞に共感出来るものがあるのだろうか?

次女の歌詞カードはその後も続くが、こちら後段。
b0211800_18507100.jpg

大分面倒くさくなったらしく雑、この辺りがしょせんまだ9歳かと少し安心。
[PR]
by ichiro82 | 2013-02-01 19:01 | 家族