ブログトップ

東灘からポタリング

akaihiaoih.exblog.jp

ポケロケ・ブロ・マドン、3台の愛車でどこかに出かけた時の記録など

行橋〜平尾台〜小倉〜下関(学会ポタ3)

6日の土曜日も朝から学会、午前のシンポジウムが終了した時点でフラフラと会場を後にして「旅」へ。
以前から気になっていた平尾台のカルストを見た上で、下関の宿に至るコース。
b0211800_19423952.png

博多から特急を乗り継いで行橋まで、1.5時間程。
駅を出てしばらく、どう見ても正面の山に登る事になりそう。
b0211800_19425024.jpg

あちこちでゼブラを見かける、なかなかの勾配のコース。
b0211800_19424062.jpg

元は有料道路だったのか?と思わせる、かなり贅沢な作り。
b0211800_19424439.jpg

そうこう言っているうちに峠を越えるとカルスト台地に。
b0211800_1942479.jpg

痩せた土地で樹木が基本育たず、お陰で凄く見晴らしがよい。
(ここでちょっと観光したが、その件はまた後日に別枠で)
b0211800_19425489.jpg

台地を抜けて小倉側へと下る道、こちらもなかなか急峻。
b0211800_19425640.jpg

そろそろ夕暮れという時間帯に、小倉城近くの繁華街へ。リバーサイド・モールが開発されて賑やか。
b0211800_19425973.jpg

その後ナビに従って小倉港に、関門海峡フェリーを目指す。
と思ったら肝心の航路は昨年11月末で廃止の後。明石のタコフェリー同様に橋の割引の煽りを食ったらしい。
b0211800_1943222.jpg

仕方がないので北上して関門海峡を目指す。確か人が渡れるトンネルがあったハズ。
古くなってレトロ感が出て来ている港近くの都市高速。
b0211800_1943466.jpg

夕刻が近付いて薄曇りが晴れ渡り、綺麗な夕焼けに。
b0211800_1943731.jpg

肉眼で見るとちょうど湾岸の工場群に落ちる夕日が大きく見えた。
b0211800_14263864.jpg

日没後の薄暗がりで門司港駅の巨大操車場を超える。
b0211800_19431274.jpg

その後道行く人に聞きながら何とかトンネルに到着。
b0211800_19431557.jpg

中はこんな感じ、片道20円、自転車は押し歩き。
ジョギングとかしている人も割と多かった。
b0211800_14295298.jpg

下関に渡って宿にチェックインする。
日没後にはシュミット・ハブダイナモが大活躍したのは言うまでもない。
というかここで利用するまでは、特に重さ・抵抗も感じないのでその存在はしばらく忘れていたくらいだった。

最終日に続く。
[PR]
by ichiro82 | 2012-10-10 17:23 | ロングライドイベント