ブログトップ

東灘からポタリング

akaihiaoih.exblog.jp

ポケロケ・ブロ・マドン、3台の愛車でどこかに出かけた時の記録など

<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

30-31日と家族で北へ。
1日早い年越しソバを出石でいただく。
b0211800_14523182.jpg

その後少し街中を観光。
数年前に復興された大昔の芝居小屋、毎年11月には歌舞伎公演もやっているとの事。
b0211800_14523525.jpg

出石を出てからは国道482でさらに北へ、途中こんな雪でどうなるかと思ったが、何とかノーマルタイヤで宿に着く。
b0211800_14524232.jpg

まぁ、こんな感じの家族サービスで1年が無事終わる。
b0211800_14523932.jpg

今年1年お付き合いいただき、どうもありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。
b0211800_1453478.jpg

[PR]
by ichiro82 | 2012-12-31 15:19 | 家族
多忙な子供と天候の都合がちょうどあったので、今日は朝から芦屋ロックガーデンに。
今年3度目。
街の外れの滝のある神社で一休み。
b0211800_1635592.jpg

春には人でごった返していたこちらも、本日は閑散と。
b0211800_1637973.jpg

阪急夙川の駅から1.5時間程で目的地の風吹岩に到着、標高447mでちょうど頂上の半分程度か。
b0211800_1636234.jpg

ここからは甲南山手に下山して三宮に。
ヤキソバの昼飯を食べて帰宅後は昼寝。
長女はその間に塾に行く、小5はさすがに元気と感心する。

ただこういう絵面を見ていると、この天然さはどこから継いだのかと少し心配になる。
次女のリクエストで受けるポーズを取る長女。
b0211800_163653.jpg

[PR]
by ichiro82 | 2012-12-29 16:45 | 家族
ようやく風邪も癒えてきて水曜日に自転車で出勤。
はりきって久しぶりに再度山ルートにチャレンジ。
ビーナスブリッジから三宮界隈を望む、空気が澄んでいるのか見晴らし極上。
b0211800_101588.jpg

例のキャンピングカーも健在、いつの間にか自転車は2台体勢、シートからチラ見せの小径はモールトンらしい。
b0211800_102883.jpg

そんなで到着後に仕事に励む。

無事終了後はとある仕事関係の忘年会の予定であったが、カゼの欠席者が続出で急遽取りやめに。
それじゃあという事で、先日行った灘のバルの姉妹店に行ってみることに。
北野の外れ、神戸女子大の本部の近く。
下山で冷え切った状態に熱いお茶が効く。
b0211800_1021282.jpg

かような小鉢3品と飲み物で、ハッピーアワーの7時までは500円。
b0211800_1021545.jpg

まだ早いのか、客は小生一人きり。
しばらく店主相手にクダを巻いてから帰路につく。話す内容がすっかりオヤジ系。
b0211800_1025956.jpg

こうして年末の1日が暮れていきましたとさ。


追伸、例の新年ポタ会は1/6(日曜日)にと企画していますので、予定開けといて下さいね。
[PR]
by ichiro82 | 2012-12-26 23:55 | ポタリング
今週は5年ぶりくらいにしっかり目に風邪を引いたので自転車通勤は休み。
軽快気味の土曜日に明石からの帰りにプチ名所巡り。

まずは昭和のドヤ街〜マーケットの雰囲気が残る塩谷駅前に。
こちらでほぼメインストリート、神戸市のJR駅前ではおそらく一番の慎ましさか。
b0211800_1559545.jpg

商店街にあるワンダカレー店で野菜の天麩羅カレー、650円程の昼食。
素の状態では、何だかボンヤリした味の残念な水準?と思ったが、「辛みにお好みでどうぞ」と出されたこの液体が強烈!
「食べるラー油みたいなモノ?」と、なめてかかって小さじに二杯もかけると大変なことに。
b0211800_1664742.jpg

この「ラー油風液体」を体験するために来店する価値ありか?

ここからはポタ会のロケハンを兼ねた名所(?)巡り。
まずは塩谷の近所の激坂。正面にあるのは、確か何かのTV番組に出た崖にへばりつく狭小家屋。
b0211800_1681850.jpg

ほかには神戸大仏とか、
b0211800_16111052.jpg

ビリケン神社とかの場所を確認。
b0211800_16111350.jpg

HAT神戸の沖にある有料道路の側道も。
b0211800_16125679.jpg

日没ちょい前で中々の景色。
b0211800_16131231.jpg


その後は王子公園前に見つけたバルで一息。
午後5時開店、日曜もやっているのが嬉しい。
b0211800_16132631.jpg

こんな感じの料理が300円程から。
b0211800_16161462.jpg

その後帰宅すると風邪がぶり返して、本日日曜は自宅でダラダラ過ごす。

年が明けたらこんなコースでポタ会を企画しようかと思っています。
本決まりになったらまた案内しますので、乞うご期待。
[PR]
by ichiro82 | 2012-12-23 16:27 | ポタリング
朝は微妙に曇っていたのでブロで近所のポタ。
Sゾウさんが紹介していた西宮の小径屋をのぞきに行く。
途中東灘の2号線沿い(山側)にGIANTの路面店を発見。
b0211800_1430540.jpg

・・確かにたとえば自動車屋が購入時と車検時のメンテナンス程度で路面店を堂々維持出来るなら、ブランドバイク屋もやっていけない事もないハズ、車に比べるとメンテや小物購入の頻度はずっと多い気がするし。

そうこうしている間に目当ての店に到着、こちらも開店は昨年夏と最近。
Tyrellの試乗車など、珍しい品も置いてある。
b0211800_1430813.jpg

アルミのnon Holdingに試乗したが、相当軽量。でもポケロケとモロかぶり。

その後は埋め立て島を結ぶ阪神高速の湾岸線・側道を走って帰還。
いつの間にやら六甲山も穏やかな快晴。
b0211800_14301188.jpg

途中、人だかりを発見、港のカニ問屋の路面イベント。
b0211800_14301984.jpg

かようなカニ飯、500円也で昼飯に。
b0211800_14301526.jpg

その後投票して家路につく。
[PR]
by ichiro82 | 2012-12-16 18:22 | ポタリング
日曜日は朝から自走で明石駅に集合して、ここから三田を目指したポタ会に参加。
某Sゾウさんの発案。
「寒すぎて命に関わる(かも)」との理由でドタキャンした某所長を除く3名でスタート。
しばらくで郊外に抜けると風もなく良い天気、ただし確かに非常に寒い。
b0211800_18351752.jpg

昼過ぎに三木の郊外の温泉にて一息つく。距離は明石から40km程だったが、相当消耗した感じに。
b0211800_18352118.jpg

小一時間湯に浸った後は、やや遅めの昼食処を目指して数km走る。
たどり着いたのは街道沿いの一軒家風のお店、この様なたたずまいに素朴な風情を感じる。
b0211800_18355920.jpg

付け出しの一品目からして、飾りげ無い田舎料理風で店の雰囲気そのまま。
b0211800_18352492.jpg

その後肉中心の料理をゆっくり時間をかけて美味しくいただき、新三田駅から輪行で撤収する。
参加の皆さん、お疲れ様でした。
b0211800_1836416.jpg


追、食事中の脇で眠る店の店主。我々の後で某国の要人の宴席があるとかで(本当らしい)、英気を養っているの図。
b0211800_1836976.jpg

小一時間隣で眠る豪快な店主を見ていて、ふと連想したのがこちら。
b0211800_18361329.png

やはり良い肉を摂取すると光かたが違うということか。
[PR]
by ichiro82 | 2012-12-10 19:20 | ポタ会
今日は京都で同門会。
例によって午前中は明石で一仕事。
終えて正午あたりだが朝よりも冷えている感じ、景色も荒涼と感じる。
b0211800_2123627.jpg


いつぞや紹介した
手打ちうどん屋でカレーうどん。
寒い中暖まるが、、本格的な手打ちの太目の麺はカレーのルウとは相性が今ひとつ。
外はカレー味反面で麺の中は歴としたうどん味で分離している感があり、このあたり小生の舌が安物のカレーうどんですっかり慣らされている可能性もあるが。。
b0211800_2123955.jpg

思索に耽りながら食った後は京都に移動、ゆるゆると町屋の路地をポタして同門会の会場に。
毎度慣例の、こちらの向かいのホテル。
b0211800_2124267.jpg

ちなみに写真の顔を伏せた御仁は小生でも関係者でもありません、イヤ念のため。

帰りしなの京都駅はライトアップが綺麗だった。
b0211800_2124554.jpg

楽しかったのは御年80になる先代のProf.が、現役時代以上に洒脱で蘊蓄のあるコメントを各発表にされていたこと。
肩書きを少し削った方が、かえって活きる人もいるという好例か。
[PR]
by ichiro82 | 2012-12-08 23:16 | 雑感
こちらのブログからの転載。
不便さをユーザーが様々な工夫で乗り越えてきた、畳んだブロンプトンの転がし移動。
現在加茂屋が画期的な新製品の最終段階にあるらしい。
こんな感じ。
b0211800_19515489.png

アスファルト路面で直進したり回転したり、かなり軽快に回っている。
どうもスケートボードの足様のギミックが驕られているらしい。
加茂屋ホームページにはまだ未掲載の様子だが、期待大か。
[PR]
by ichiro82 | 2012-12-04 19:55 | 小径
ネットで見つけてきた自転車イベント・ネタ。

場所はボリビアの首都ラパス,標高3600mにあるため低地が高級住宅街、反面斜面を登るほどに空気が薄くて下町(スラム)然として来るらしい。
なかなか強烈な“激坂”そこを聞き慣れたラチェット音を響かせながらマウンテンバイクがカッ下っていく。
レッド・ブルgood job、飲めば下りに強くなるのだろうか。
あと、その内登りのイベントはないだろうか?って多分無いでしょうけど。
[PR]
by ichiro82 | 2012-12-03 18:56 | その他自転車
今日は朝から六甲山に、先週とほぼ同ルートで頂上を目指す。
紅葉が平地まで降りてきた模様で、良い天気。
b0211800_1759642.jpg

と、言っている間に日がかげると、同じ景色もにわかに寒々としてくる。
b0211800_1882933.jpg

「まあ漕いでいる間に温もってくるでしょ」と、そのまま六甲山に。
エッチラと登坂開始、途中2台ほどロードに抜かれながら何とか頂上に到着。
ただし頂上付近はパラつく雨が途中から雹に、お陰で先週はあんなに繁盛していた一見茶屋の界隈も閑散。
b0211800_1742293.jpg

その先の阪神間を見渡すビュースポット、寒冷前線の先に下界の暖かそうな界隈が垣間見える。
いかにも寒そう。
実際寒くて多分気温は2〜3度程度か?
b0211800_17292196.jpg

その後はまた例によって稜線に沿って西に下るルートに、ただしこちらも寒さで手足の先から段々と体幹に向けて凍えるような寒さに。
たまらず下山後は平野の温泉に飛び込む。
b0211800_17313869.jpg

湯につかって一息ついた後は例の中華屋に。
定番のソース焼きそばなどで遅めの昼食。
b0211800_17292896.jpg

今季も六甲山は「ちょっと曇り」とかでフラフラ入山するととんでもないことになる時期に突入の模様。
でも冬場は林間コースの方が風も当たらず走りやすいので、良いルートも開拓出来たし、晴天を選んでまた出かけようかと思うのであった。
[PR]
by ichiro82 | 2012-12-01 17:52 | ポタリング