ブログトップ

東灘からポタリング

akaihiaoih.exblog.jp

ポケロケ・ブロ・マドン、3台の愛車でどこかに出かけた時の記録など

<   2012年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

イベント翌日の(月)は年休を取って休みに、朝7時41分松本発の鈍行で8時39分に奈良井駅に到着。
ちなみにこの便を逃すと次は11時12分着まで間が開くとの、大変にローカルな無人駅。
b0211800_850262.jpg

ただしこちら、江戸時代には中山道・木曽路随一の宿場町として「奈良井千軒」とも呼ばれていた場所。
当時の面影を大事に保存した町並みが延々と数百メートル続く。
朝から止まっている車が、介護保険デイサービスの送迎車だったりするのが今や現代風。
b0211800_10132910.jpg

残念ながら食いもん屋の開店はまだ大分先。
b0211800_19115549.jpg

こちらすぐ近くにある木曽大橋も有名らしい。
b0211800_8501218.jpg

今日はここを出て南下、基本国道19号を使いながら、走れるところは中山道も走って、適当な時間に電車に乗って名古屋に向かう予定。
木曽川の左岸を走る国道19号から、川沿いの集落と雄大な山の景色が随所で楽しめる。
b0211800_8504581.jpg

やがて大きな関所モニュメントが見えて木曽福島に到着。
b0211800_8503174.jpg

こちらの関所は、江戸防衛のための日本四大関所の一つに数えられたそうな。
b0211800_8503564.jpg

ここで軽食、名産らしいほおば巻と柚ソーダ。
b0211800_8504027.jpg

その後も南下。中山道は車もいずに走りやすいが、いかんせんじきに国道19号に合流してしまうのが難点。
b0211800_8504832.jpg

とか言いながら走っているうちに午後になって「一天にわかにかき曇り」風が湿り気を帯びて降りそうな天気に。
走ってきた後方の空も雨雲で真っ黒。
b0211800_8505213.jpg

案の定、その後突然の降雨に見舞われる事数度、しかも雷のおまけ付き。見知らぬ土地で(しかも一応中央アルプスの山の中)ほとんど身体一つの状態では、大変に心細い思いを久しぶりにさせていただく。
降雨の間を縫って何とか中津川に到着したのが午後3時、そこから輪行で帰路につく。
この間緊迫した展開で写真なし。
余力があればチャレンジ予定だった「馬籠峠越え」はまたの機会に。
結局行程はこんな感じとなった。
b0211800_9252193.png


この日は雹が降るような突然の荒天が夜のニュースになっていたが、少しそいつにかかったらしい。まぁ、事故・ケガもなく無事帰還できて良しとしましょう。

〜といった感じで今回の2泊3日の信州遠征は終了、ちなみに宿は2泊とも駅前ビジネス(最上階に大浴場付き、ここ重要)で2泊で1万円弱、交通費の半分ですんだ。
[PR]
by ichiro82 | 2012-05-30 19:09 | ロングライドイベント | Comments(4)
朝7時前、出走を待つ参加者の列。
この調子でさらにこの3倍程度後ろにも続いていた。
それで160km遅出組分のみ、全体ではいったい何名の参加者なのか。いつもの島根あたりのイベントとは規模が格段に違う印象。
b0211800_203924.jpg

問題は55kmの大町温泉町エイドに10:30にたどり着かないと160kmコースに進めなくなるとの、この日のルール。
3.5時間で55kmは普通なら楽勝だが、初めてのコースでもありちょっと緊張して出走。
b0211800_2031758.jpg

天気快晴、空気も澄み切って心地よい、わずかな南風の追い風に乗って距離を稼ぐ。
b0211800_2032399.jpg

途中の大町エイドでは地元有志のロングホルンの会のメンバーの演奏も。皆さんホルンは自作との事。9時に演奏開始との事だったが、先を急いで8時50分に出発。後から考えると聞いとけば良かった。
b0211800_2032148.jpg

急いだお陰で10時前に大町温泉郷を通過。
頂上部に冠雪した山が多くなってくるとともに、ルートもだんだんと山岳コースに。
折り返しまでに300mほどのヒルクライムが3つ4つ続く。
b0211800_2033337.jpg

皆さんが止まって記念撮影している名所にて小生も撮影。確かに絵になる。
b0211800_2033516.jpg

これまたローディーが団体で休憩中のジェラート屋にて小生も休憩。
白馬の空+絞りたて牛乳のダブルで330円、この日一番美味しかった食い物か。
b0211800_2035027.jpg

その後12時前に折り返し点の白馬ジャンプ場に到着、ここまで85km。
食い物はおにぎりと豚汁、この手のイベントの定番。そこら中適当に座って昼食のローディーだらけ。
まぁ小生もその一名なのだが。
b0211800_2044332.jpg

ここからは帰りの70km。
序盤は来しなとは違うコースが楽しめる、木崎湖だったかの湖畔を走る道。
例によって走りながらテキトーに撮った一枚だが、水田に雲が映り込んで綺麗。
b0211800_2035873.jpg

・・折り返しの後半は、午前中に走ったのと同じ道が40km程も続く。しかも行きでは追い風だった南風が今度は向かい風、さらには疲労とスタミナ切れも加わって、何だか後半はずーっとサイコンを睨みながら、「あと何km?」とか問い続ける状態に。
このあたり「終盤にもうひとイベント」が欲しいところだった。

とは言いながら無事155km程を走って午後3時過ぎにゴール、記念品をもらって宿に帰り一眠りしましたとさ。
この日はイベント終了後もしつこく松本泊を続けたので、翌日観光編に続く。
[PR]
by ichiro82 | 2012-05-29 18:37 | ロングライドイベント | Comments(14)
先週末は信州松本で予定通りセンチュリーライドに参加。
前日(土)の午後12時15分、西明石発のひかりに乗って名古屋、そこから乗り継いで松本に。

名古屋では30分弱の待ち合わせ、その時買ったあられ。
東京駅の一味唐辛子せんべいあたりを参考にしたものか、ただインパクトは今ひとつ。結局ほとんどそのまま持ち帰り、今も手元にあり。
b0211800_19271524.jpg

午後4時過ぎには松本に到着、そこからは松本電鉄に乗り換えて数駅で受付場所に。
b0211800_19281481.jpg

松本市の郊外、水田は田植えを終えたばかりが多い様子。
b0211800_19335824.jpg

その後は松本市に戻って観光など。
夕食はこんなモノを「馬刺し定食」。
b0211800_19272612.jpg

ベタに松本城、明日も良い天気の様子。
b0211800_19272919.jpg

「さて、明日は頑張るぞ」と、早めに宿に帰ったモノの結局NHKのオウム特集などをずっと見ていて夜更かししてしまいましたとさ。

例によって当日編につづく。
[PR]
by ichiro82 | 2012-05-28 19:38 | ロングライドイベント | Comments(8)
今週末はあづみのセンチュリーライド、地図の通り松本市近郊をスタートして白馬ジャンプ台を往復する160km弱のコース。
b0211800_16595689.png

昨年は「降水確率90%+季節外れの台風も来ています」の天気予報に心が折れてキャンセルしたが、今年は上々。
本来の1年でも一番良い時期を堪能できそう。
b0211800_12353685.png

さて、旅の段取りを作っていこうか。
[PR]
by ichiro82 | 2012-05-23 12:36 | ロングライドイベント | Comments(12)
先日の天ヶ瀬ダム湖畔路、鬱蒼とした山を背景に立派な石垣の古民家を発見。
b0211800_1935772.jpg

表に回ると、骨董品屋兼のそば屋との事。
b0211800_194294.jpg

この度は「瀬田の親子丼屋」との目標があり立ち寄らなかったが、気になる店であった。
ただこの道の界隈、コンビニは無論ほとんど飲食店は無し。
やっていた店も潰れていたりする。
b0211800_194540.jpg

こうならずに次回行くまで頑張って欲しいものである。
[PR]
by ichiro82 | 2012-05-21 16:50 | 雑感 | Comments(6)
あるミク友様から情報を頂き、淀川から川縁を遡上して琵琶湖を目指すルートに挑戦。
100km弱、獲得標高180m程の平坦コース。
b0211800_18142613.jpg

7:30に東灘をスタート、1時間少々・20km程で国道2号線と淀川の交差点に。
ここまでは街中の信号ストップ・ゴーの繰り返し、輪行したいくらい。
淀川河川敷の自転車道に取り付き、ひたすら上流を目指す。
不動明王も旅の安全を見守って下さるよう。
b0211800_18143037.jpg

淀川の土手・河川敷では例によって頻繁なゲート越えに辟易しながらも景色が楽しめる道が続く。良く言えば雄大だが、悪く言えば単調な景色。
b0211800_18143549.jpg

おなじみ八幡の大山崎JCTでは、今までと違って宇治川左岸の土手道に侵入。半分自転車道で残りは片側一車線の旧道。クルクルと景色が変わり、楽しい。
b0211800_18144068.jpg

といっている間に平等院の門前町に到着。
b0211800_18144379.jpg

「大人気抹茶ダブルソフト」で一息、250円。午前11時頃。
b0211800_18144681.jpg

ここからこのコース唯一のヒルクライムに突入。
といっても斜度もほどほどで高低差も100m少々。
坂の頂上に天ヶ瀬ダムが鎮座。京都の郊外とは思えない、なかなか大した規模。
b0211800_18145712.jpg

この先の道がダム湖畔道路のある意味理想型。
風光明媚でほぼ平坦、森の木陰と水辺近くのヒンヤリした風の吹く道が、20kmに渡って続く。
つまりはこんな感じ。
b0211800_1815429.jpg

あるいはこんな感じ。
b0211800_1815683.jpg

イヤー、堪能した。

ダム湖がいつの間にか瀬田川になると、しばらくで大津市の郊外に。
b0211800_18151252.jpg

ここでこの度のポタのもう一つの目的だった某親子丼屋に到着。
あろうことか午後1:15にもう品切れに。
b0211800_18154954.jpg

仕方ないので石山寺の門前の和風レストランで、「名物シジミめし定食」1000円程。
b0211800_18155411.jpg

団体客相手のやっつけ料理らしく予想の半分程の待ち時間で給仕される。ただその割には美味しかった+おしぼりがタオル製で、食事以上にありがたかった。
オルニチンで疲労回復も促進か?

その後はブラブラと瀬田〜草津を流して午後3時過ぎの新快速で草津駅より帰宅する、結局走行距離は110km程に。
帰り際に例の1000円散髪にも寄ってきましたとさ。

感想、天ヶ瀬ダム湖左岸路(府道3号線)はアタリでした。「つくはら湖畔もいいけれどすぐ終わっちゃうんだよなぁ」とお嘆きの諸兄はぜひお試しあれ。
[PR]
by ichiro82 | 2012-05-19 18:45 | ポタリング | Comments(10)
阪急御影駅のすぐ山側にあるため池。
家からも近く、半日ぐる〜っと走った後で〆に立ち寄る事が最近増えてきた。
b0211800_16404691.jpg

こぢんまりしたため池だが、こんな浮島も造設されたりで、意外と手が込んでいる。
b0211800_16405065.jpg

駅前のコンビニで○ールとツマミを買ってベンチに座って一息つくには、正しく「最高の季節」、虫もいないし。

・・家に帰ると何かとうるさいのもあるので。
[PR]
by ichiro82 | 2012-05-16 19:06 | ポタリング | Comments(12)
昨年に続き、我が家の恒例となった母の日の父と娘によるカレー作り。
朝10時に開店スグのシーアで食材を買い込んで作業開始。
まずは昨年不覚を取ったタマネギ、弱火で飴色目指して加熱開始。
b0211800_13134462.jpg

良い感じで仕上がってきたので、他の野菜や豚肉と共にまたフライパンに。
このあたりの野菜の皮むきで、次女が負傷退場。
b0211800_13105565.jpg


ここで昼飯時近く、似た食材で焼きそばを作成。
b0211800_13134738.jpg

昼食後、ラストスパートで鍋で煮込んでルーを入れて完成。
b0211800_13132484.jpg


まぁ何にせよ昨年がこうだったのに比べると、しごく真っ当な出来に。
皆で安心して食べれて翌日の胃腸の具合も良好でしたとさ。
[PR]
by ichiro82 | 2012-05-14 18:55 | 家族 | Comments(12)
土曜日にまたしても例の明石のうどん屋に。
前回一番人気の「天玉うどん(ぶっかけ)」に続き、今回は3番人気の「さぬき何とかうどん(しょうゆ)」をオーダー、大で1050円。
しばし待った後で出てきたのがこれ。
b0211800_16494486.jpg

?お汁は?ぶっかけと間違えた?とか思いながらも、その場ではそ知らぬ顔で完食。
帰ってググると成る程、湯がいた麺に出し醤油をかけて食すのが「しょうゆうどん」との事、いや〜一つ賢くなりました。

ちなみに2番人気は「じゃこ天うどん」、次回はこれにロックオン。
ちなみに場所はこのあたり。
b0211800_174549.png

[PR]
by ichiro82 | 2012-05-13 19:08 | モノ評 | Comments(6)
「冬型の気圧配置」とかで意外と寒いが空気が何となく澄み切っていた週末、平野の祇園神社へ。
確かに北ないしは西の風で、この時期やっかいな黄砂も影も無し。
新緑とのコントラストが綺麗。
b0211800_16315367.jpg

あと2ヶ月で夏祭り。
b0211800_1636625.jpg

[PR]
by ichiro82 | 2012-05-12 16:36 | 時評 | Comments(0)