ブログトップ

東灘からポタリング

akaihiaoih.exblog.jp

ポケロケ・ブロ・マドン、3台の愛車でどこかに出かけた時の記録など

<   2012年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

日生の港前に散らばる4つの島で成る日生諸島。
b0211800_1251531.jpg

港の真ん中の桟橋から連絡船が出ているのは前から気にはなっていた。
1日9本の定期便が日生港と目の前の頭島・大多府を連絡、片道30分ほどで運賃610円。
b0211800_16282535.jpg

ちょうど3時の便がじきあるので、試しに(ブログネタ用に)乗ってみた。

海の筏でカモメも休憩中。
b0211800_134519.jpg

見えてきた頭島は、以外といっては何だが結構大きな集落。
b0211800_12512921.jpg

ここで船からごっそり(といっても10人程だが)客が降り、その後は小生と爺さんが1名のみに。
人生の黄昏を感じる船内。
b0211800_1252188.jpg

最終地の大多府はこぢんまりとした集落で何もない。
海も静か。
b0211800_13105122.jpg

・・すっかり退屈して、20分後発の折り返し便で同じルートで帰路についた。
日生で1〜2時間つぶすなら頭島を軽く一回りはありかも、とか思われた。(地元の方には大変迷惑だろうが)

日生港着4時20分、横移動して日生駅から4時50分発の電車に乗って帰神(播州赤穂で始発の新快速に待ち時間無しで乗り継ぎが嬉しい)、三宮到着が6時半。
距離55km、累積標高620m、週末の分まで先取りして楽しんだ感じに。
b0211800_16254766.jpg


と、思っていたら帰りの輪行中にまさかのぎっくり腰で、今朝も不調。
何とか出勤して仕事はこなしたが、さてこの先どうなるか?
[PR]
by ichiro82 | 2012-03-30 17:13 | ポタリング | Comments(4)
週末がまたしても雨らしいのと、年度末にどうせチャラになる有給消費で休みを取って西に向かう。
9時半に竜野駅を出発、いつぞやのポタ会では市民マラソンで通行止めだったルートの復習戦。
b0211800_21353646.jpg

満開の梅林の向こうに養殖筏、快晴で風も微風、いかにも瀬戸内の春という雰囲気。
b0211800_21354573.jpg

東からの七曲がりルートは初めてだが、西から寄りも傾斜は緩やかで、景色もより楽しめて、走りやすい印象。
ペーロン城が見えてくる。
b0211800_2135489.jpg

そのペーロンでは「名物揚げかまぼこ」で一息ついてから、砂越への峠へ。
b0211800_21355617.jpg

多分今回一番の難所だが、フロントダブル+小径の威力は絶大で、何と言う事もなく上れてしまう。
その後軽いアップダウンで赤穂御崎を目指す。
例の焼き牡蠣屋は締まっていた、平日だからか、あるいはもうシーズンも終わったか?
b0211800_2136270.jpg

御崎の界隈、一面の桜となるのだろうが、時期はやや尚早。
b0211800_2136695.jpg

その後は赤穂市街をかすめて岡山県への峠越え。
峠を下りたところの某有名カキオコ屋で昼食。
サイドメニューの「カキ汁」は500円、って良い商売。
b0211800_21361078.jpg

日生では例の激坂にも挑戦する。
b0211800_21361484.jpg

まぁ、こうして優雅な有給休暇の一日が過ぎていった。
長くなったので、残りはまた今度。
[PR]
by ichiro82 | 2012-03-29 21:55 | ポタリング | Comments(11)
今日は尾根伝いの帰宅ルートに挑戦、丁字ヶ辻から鶴甲に下るルート。
六甲山牧場は既に閉鎖の時間、西日が力強い。
b0211800_18403922.jpg

下り初めの展望台、この先延々と下りが続く、日没近くで気温も低下気味でかなり冷える。
当分ウインドブレーカー辺りは必須の印象。
b0211800_18403582.jpg

かなりの高さの橋脚、ガードレールはしっかりだがそれでも高所恐怖感を刺激される。
b0211800_1840532.jpg

全体的には、尾根道は車もあまり通らず快適だが、いかんせん最後の下りが長すぎてしんどい。
本来は「登った後のご褒美」で歓迎すべきもののはずが、まさに「過ぎたるは及ばざるがごとし」。
再度山ルートが増えそう。
[PR]
by ichiro82 | 2012-03-28 18:57 | ポタリング | Comments(8)
あまりにテレビで見るものが無いので4半世紀ぶりに物色中。
不愉快なスタジオやリアクション芸人の歓声は入らないし、解説モノが厳密で丁寧になる気もするしで、テレビよりも楽しめそう。

機械も知らない間に結構充実している印象。
手回しで発電して聞ける上に、ライトが点灯してケータイも充電できる防災用とか。
b0211800_19273616.jpg

あるいは、最大178時間の録音が出来て聞きだめ出来るものとか。
(こちら価格.comのプロダクトアワード2011のラジオ部門賞)
b0211800_1929459.jpg

または、グッと来るデザイン物とか。
b0211800_19444481.jpg


片や番組面ではオールナイト・ニッポンやジェット・ストリームはいまだ現役、渋谷陽一や山下達郎もしぶとく冠番組で頑張っているらしい。
ポケットサーバーなどは田舎の長〜いポタ時などにも重宝するかも。
[PR]
by ichiro82 | 2012-03-26 19:55 | モノ評 | Comments(11)
妻子が実家の温泉旅行に出て行ったお陰で、実に静かな日曜日。
近場の茶店でモーニングの後、1000円散髪で散髪して、HATの温泉で一息入れて、その後さっさと自宅に撤収。
b0211800_12433271.jpg

その後はまったりと自宅で過ごす。
・・こうしてみると、普段の休日は坂に登ったり自転車でゴチャゴチャやっていたが、ひょっとして自宅がうるさくて居たくないだけだったのかも。
[PR]
by ichiro82 | 2012-03-25 22:28 | 雑感 | Comments(10)
先日のサイクルイベントで見かけたトライクル、ちょうど3台のトリオ。
インテックスの正面玄関前に並べて陳列、見物の人垣を作っておられた。
さすがなかなかのギミック。
b0211800_1715821.jpg

・・気になるのは先頭の一台、いつぞやのイベントをふと思い出す。

こちらその芦原温泉のイベント、そういえばこのときも雨だった。
b0211800_17202099.jpg

自転車界には「緑を制する者が○○を制す」とかいった、未知の格言が存在するのか?


・・ついでに連想したのがこちら。
b0211800_1714065.jpg

神聖皇兄ナムリス。
b0211800_8412222.png

[PR]
by ichiro82 | 2012-03-22 18:08 | その他自転車 | Comments(6)
先日の六甲山へのハイキング、風吹岩の下りの辺りでイノシシに遭遇。

堂々と登山道の真ん中をゆっくりと歩いて来、こちら人間が後ずさって道の脇に避けると、しつこくそちらに付いてくる。
その上でリュックサックに「カプリ」と噛みついたりの乱暴狼藉。
お陰で子供2人は軽くパニックに。
しかもこの間唸るわけでも走るわけでもなく、落ち着き払ったものであった。
エサがないと分かると関心を無くして去っていったが。
(小生もかなり慌てふためいていたため、残念ながら写真は無し)

こちら現場から少し下った登山道脇、おそらく昨夜のヤツラのねぐら跡、広さから考えて10匹強の大ファミリーか。
ちなみに子供二人は先刻のハプニングに懲りて「武装中」。
b0211800_15314312.jpg

イノシシとの再遭遇にビビリながら下山後、阪急岡本のすぐ近くの商店街脇にある川の岸辺では、ヤツらが気持ちよさそうに昼寝をしていた。
確かに一般人の進入制限区域ではあるが、堂々たるもの。
b0211800_15313894.jpg

ちなみに現場はこのあたり(☆)。
b0211800_12341662.jpg


イノシシの知能バカにならず、結構人間を侮る水準にありか?
[PR]
by ichiro82 | 2012-03-21 16:24 | 家族 | Comments(12)
春分の日の祝日、普段多忙な子供達がフリーとの事なので六甲山に再チャレンジ。
芦屋ロックガーデンから風吹岩を経て岡本の保久良神社に下るコース(初級者版)。
登り口にあった手書きボードが分かりやすい。
b0211800_1502775.jpg

阪急芦屋駅をam10過ぎに出発、30分程で登山口の茶屋に到着、すぐ奥にかなりショボ目の「高座の滝」があり。
b0211800_1503123.jpg

中央陵こと「芦屋ロックガーデン」は8割方この様な岩場。それほど危険ではないが軍手が必須。
b0211800_1503465.jpg

時々休みを入れながら正午頃に風吹岩に到着、標高450m程。
うちも下は小一連れだが、どう見ても幼稚園の年少児を連れてここまで登ってきた若いママさんもおられた。
b0211800_1504046.jpg

ここからの下りはお気楽コース、岩場もあまり無く下りの坂道が続く。
上りでは少々バテ気味だった子供2人がここで大復活、こっちが自重の膝への負担で「恐る恐る」下る勾配を、脱兎のごとく走り降りてゆく。
かなり年齢差を感じるひとときであった。
b0211800_1505083.jpg

下山した後はコンビニでトイレ+一息、新発売のジンジャー味のハイボールでひっそり・こっそり祝杯を挙げながらpm二時半に帰宅。
b0211800_1505374.jpg

果たして今日の事を、子供2人は将来記憶していてくれているのだろうか。

・・とりあえず明日の自転車通勤は欠席となりそう。
[PR]
by ichiro82 | 2012-03-20 15:25 | 家族 | Comments(14)
咲州〜舞州間の一般道を閉鎖して開催されるサイクルイベントに本日参加。
申し込みの後に縁があって加入したロードバイク・イン・コウベのメンバー様達とご一緒。
根性でイベント会場まで自走、何と午前5:20に芦屋の業平橋に集合。
そこからは副会長のモコさんの「鬼引き」で30km巡行が続く。
汗だくになって会場のインテックス大阪に到着、凄い人だかり。本日の参加者は実に5000名とか。
b0211800_16464486.jpg

そんな中を8:30過ぎに出走、一斉にでは無論無くブロック単位。
出走を待つメンバー、偶然だが先頭の第1列を独占。
b0211800_1647280.jpg

小生達のブロックを先導してくださった現役競輪選手のお二人、大腿の太さが尋常ではない。
b0211800_1647488.jpg

自転車タレントの絹代さんの合図で出走、片側3車線を閉め切って自転車が独占しての走行は、それだけで結構爽快。
ただ、天候は曇+靄が続き景色はあまり見渡せず、そこは残念。
b0211800_1647982.jpg

結局は30km少々を1.5時間程かけてゴール。
b0211800_16471217.jpg

その後は催し会場の自転車系出店を覗いた後でランチに。
鎌倉パスタ。
パスタ+焼きたてパンが食べ放題で、休日に1500円は相当なお勉強価格。故にお店は順番待ちの大行列。
そこをしっかり予約しておられたメンバー様の見事な段取りに感謝。
b0211800_16472032.jpg

食べ放題のパンをしこたま食べて空腹を満たした後で散会。梅田から輪行で帰宅となる。
参加の皆様、お疲れさまでしたandどうもお世話になりました、またよろしくお願いします。
b0211800_16473468.jpg

[PR]
by ichiro82 | 2012-03-18 17:09 | ポタ会 | Comments(9)
再度山の自動車ルートを外れた場所にある老舗の懐石料理店。
未舗装のこの様な道をしばらく進む。
b0211800_1955370.jpg

国立公園内だからかガードレールの代わりにワーヤーだが、何となく雰囲気に合う。
b0211800_1963799.jpg

この様な寂しい池の畔で直角に折れて、
b0211800_1963312.jpg

やがて道の終点に隠れ集落の様な数軒の建物が。
b0211800_19122857.jpg

集落の一番奥の建物が「鯰学舎」、懐石料理は実に1日2組限定とのこと。
b0211800_1964654.jpg

過去にこの店で一席設けようとしたことがあったが、内一名が「出そうなので行きたくない」と抵抗したため断念したことがあり。
確かに山一つ先は外国人墓地、というか「再度山」のネーミング自体があの世との架け橋的。

でもいっそそれが良い気もするのだが、皆さん如何?
ちなみに学舎の横にはこの様な小洒落た茶店もあり。
b0211800_196588.jpg

[PR]
by ichiro82 | 2012-03-16 16:40 | 雑感 | Comments(8)