ブログトップ

東灘からポタリング

akaihiaoih.exblog.jp

ポケロケ・ブロ・マドン、3台の愛車でどこかに出かけた時の記録など

<   2012年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

先日の職場新年会で立ち寄った有馬温泉。一番の繁華な通りに洒落た立ち飲み屋を発見。
夕暮れの温泉街に溶け込むような佇まい。
b0211800_148847.jpg

5〜6人で満員になる店舗、まあ良心的な価格帯。
b0211800_1481416.jpg

こんな感じで500円、これから宴会というのにツイ頼んでしまう。
b0211800_1495198.jpg


六甲山一周のイベント時などに、立ち寄り先としてどうでしょうか?
ねぇ、芦屋美食塾の塾頭さん。
[PR]
by ichiro82 | 2012-01-31 12:03 | ポタリング | Comments(8)
JR坂越駅。播州赤穂線の単線駅、上り下り各一時間に二本程度。
中途半端な改装後でサイズといい、つい公衆トイレかと見間違えそう。
変なオッサン・ヤンキーもたむろしており、場末感に一段と磨きがかかる。
b0211800_17474899.jpg


そんな駅の駅員さん。
b0211800_17475356.jpg

溌剌と一人で仕事全般切り盛り中。
笑顔を絶やさず、感心させられる。
大阪駅に配属すれば、株価が二割は上がるのではないかと。
いかがです、JR西の幹部諸氏。

ちなみにこの写真、嫌がる所を酔った勢いでバシバシ撮ったように、あたかも見えるかも知れませんが、それは気のせい。
「日付の確認にカレンダーを撮影したら偶然映り込んでいた」が真相です。
[PR]
by ichiro82 | 2012-01-30 12:37 | ポタ会 | Comments(14)
よく考えたら職場からは10数km、それほど急峻な坂も無しでたどり着ける有馬温泉。
この度はここで職場の新年会に参加。
同僚に後を託して少し早めに退社。
b0211800_140329.jpg

一時間程でたどり着く、ちょうど日没前後。
b0211800_1403872.jpg

場所は大分奥に入った料理旅館、温泉付きで一風呂浴びる。
b0211800_1404378.jpg

後は料理と会話を楽しみながら、夜が更けてゆく。
b0211800_1404828.jpg


おかげで今日は二日酔い、朝に出損ねてそのまま家でグダグダの一日に。
[PR]
by ichiro82 | 2012-01-28 14:06 | ポタリング | Comments(10)
日本を代表する毒茸、夏〜秋に高山地谷の白樺林によく生える。
誤飲すると下痢、嘔吐、視力障害、痙攣などおこし、死亡例も記録されている。
b0211800_19455790.jpg


こちら先日のポタ会で「まさか抜かれる事はない」と安心していて抜き去られたTさんの愛馬。
個々のパーツは吟味を重ねた逸品達が揃うものの、いかんせん全ての品々が声高に主張を為さっている。
結果トータル・プロポーションとしては「毒茸」なブロ。
b0211800_18264117.jpg

組み上げてまだ間がないとのこと、さてこれから何が生えてくるのか楽しみ楽しみ。
[PR]
by ichiro82 | 2012-01-27 12:11 | 小径 | Comments(12)
今朝も根性で朝7時に家を出て職場まで自転車。
家を出た時点で2〜3度、北区に入ればたぶん0度前後。
ただし上り坂では汗をかきかき、こうなると気温の低さも「いつもより足先のしびれが強いかなぁ」と言った程度に。
帰りしなの北野の界隈、風見鶏の館前。
b0211800_18321048.jpg

じゎっと日没が遅くなってきた。
b0211800_18321712.jpg

でもさすがにあまり人はいなかった。
[PR]
by ichiro82 | 2012-01-25 18:38 | 雑感 | Comments(8)
宍粟ポタの2日目、日曜日。昨日とは打って変わって快晴、風もなく小春日和の穏やかな一日が始まる。
b0211800_17541316.jpg

会長の手料理の朝食を堪能した後、分担で研修施設の清掃を終え、午前10時に施設を出発。
出走した10名の内、小生を含めブロが5台の主流派。
終日先頭を引っぱったのは緑のジャケットのKさん。前日は温厚・社交的そうに見えて安心していたら、金剛脚力の持ち主で常時30km超のスピードで鬼引きされてヘロヘロになる。
b0211800_17542626.jpg

目指したのはこちら、自然薯とろろ汁の店。
ここに至る峠超えが、ここ数ヶ月で最高のハードワークとなった。
b0211800_1812165.jpg

何とかたどり着いて頼んだのはとろろ汁定食、1300円程だったか。
b0211800_1813537.jpg

なかなかの逸品、大げさに言えば「日本人で良かった」と思える程の滋味あふれる、大地の力を感じさせられる料理だった。
まぁ半分は「ようやく苦労してたどり着けた」というスパイスが効いていたのだろうが。

すっかり満足してその後も柔らかな日差しの元で、先頭集団にはジワ−ッと離されながら南下。
途中にある有名な「峠」にて記念撮影。
b0211800_1814518.jpg

この後、播磨新宮駅に3時過ぎに到着してそこからは輪行で神戸に帰る。2日間の行程はだいたいは以下の様なもの。
b0211800_18141119.jpg

参加の皆様、お疲れさまでした。
[PR]
by ichiro82 | 2012-01-23 19:01 | ポタ会 | Comments(14)
土日とクロマメ会長のお招きにより、氏の地元宍粟の研修施設で合宿。男子11名女子2名、計13名の大所帯。
懸念された天候は、初日が曇時々雨がパラパラ。
11時前に姫路に到着後、しと降る雨の中35km先の宍粟を目指す。
b0211800_17313244.jpg

基本は揖保川の支流に沿って北上、途中2カ所ほど100mクラスの峠があり。
b0211800_17313631.jpg

3時間ほどかけて予定の研修施設に到着。地元名産の杉の木を潤沢に使った豪華な施設、泊まるだけなら1000数百円とのこと。
b0211800_17313990.jpg

メインのダイニングでしばし暖炉の火で一息つく。
b0211800_1841511.jpg

その後はまさしく会長が渾身の腕をふるった豪華絢爛の料理の数々を堪能する。
こちら全くアクの無い澄み切った出し汁のブリ大根。
b0211800_17315495.jpg

そしてこちらは実に二升炊きの鯛飯。
b0211800_1732166.jpg

大変美味しゅうございました、会長一生ついて行きます。


追記、こちら年末の宴会芸に向けて「ポンペイで発掘された人」の練習中の某S氏、真冬の屋外での驚異的な集中力につい声をかけ損ねる。
b0211800_17464058.jpg

こちら目標。
b0211800_1748831.jpg

[PR]
by ichiro82 | 2012-01-22 17:52 | ポタ会 | Comments(20)
ネットで拾ってきたネタ
まずは一読あれ。
b0211800_18443384.jpg

元ネタの方は「凡ミスへの戒め」として扱っておられる、確かにそういう側面が強い。
脳は本人も知らない間に、細かな・分からなさそうなところで休んでいる・サボっている、という事なのだろう。
しかし思うにこれは大変重要な能力で、この「休み・サボり」が出来ないとたとえば統合失調症のような精神病も発病するのではないか、とか考えたりするのが最近は廃れて来つつある20世紀後半の精神病理学の主流意見だった気がする。
断眠を数日以上続けると、幻覚が出てきたりするのに似た現象といえる。

教訓、健康維持には無意識的な休養も必要。ただし無意識をコントロールできない凡人は、せめて意識的に休みましょう。
と、いう事で週末が近付いてきた。
[PR]
by ichiro82 | 2012-01-19 18:44 | 雑感 | Comments(2)
落葉樹が全て葉を落とした事で全貌を伺えるようになってきた、有馬街道(新道)上にある大きめのコンクリート補強壁。
b0211800_1284638.jpg

多分それなりのメンテナは施されているのだろうが、何となく古くさい。
その内一部崩落とかしないかと少し心配、大規模補修とかになると北区の大動脈が半年間閉鎖とかも。

こちら昨年たどった阿蘇の林道(ラピュタの道)。
b0211800_128417.jpg

まぁここまで痛む事もないだろうが。
[PR]
by ichiro82 | 2012-01-18 12:16 | 雑感 | Comments(2)
三宮のセンター街のど真ん中、いつの間にやら出店していたお店。
b0211800_14451662.jpg

カラフルな石けんが500円/100g程で量り売り。
b0211800_1445238.jpg

中にはこんな特別版も。
b0211800_14452781.jpg

英国製、200種類のスキンケア製品。「天然自然素材を潤沢に」といった事なのだろうが、例の「茶のしずく」みたいな事にならないように努々注意を。
[PR]
by ichiro82 | 2012-01-16 18:44 | モノ評 | Comments(6)