ブログトップ

東灘からポタリング

akaihiaoih.exblog.jp

ポケロケ・ブロ・マドン、3台の愛車でどこかに出かけた時の記録など

高山ポタ

乗鞍2ndの翌日は朝夕の時間を利用して高山市内ポタに。
事前の予報とは違って結構晴れて得した気分。
b0211800_195657.jpg

郊外の渋い暖簾の味噌屋とか。
b0211800_19563634.jpg

小商いの見本のような、小さな小さな児童書書店とか。
b0211800_19571235.jpg

そうした民度の高そうな旧市街を石清水の用水路が囲む。
b0211800_19574139.jpg

有名な朝市も毎日開催。
b0211800_19575527.jpg

朝市の賑わいから川を北に向かって下ると、じきに閑静な自転車道が。
b0211800_19581479.jpg

この川に沿っても用水路があり。
「朽ちかけたトタン屋根の小屋」は昭和40年代の記憶を彷彿とさせてくれて、妙にジンと来るものがあり。
b0211800_19583353.jpg

また中心街に戻って、高山陣屋では神戸ではまず見なくなった白人の観光団体が。
b0211800_20283424.jpg

郡代の居間から庭を見て一息。
b0211800_2024290.jpg

陣屋を出て直ぐの旧街道「さんまち通り」の家並みは一番の観光地。
b0211800_18181490.jpg

ここの名物、飛騨牛にぎり寿司は500円。
関西人からすると、寿司飯がやや柔い印象。
b0211800_203883.jpg

と、いったところで夕餉の時刻になったので、駅前に戻って目星を付けていたカレー屋に。
「弱尊(Jakson)」、ソーセージカレー1200円、何故かスプーンでなくフォークで食べる。
・・見た目のインパクトからすれば、味はまあ普通、半分ハヤシライス気味の甘口。
b0211800_2034635.jpg

食べている間に日没に、その後のさんまち。
まだ7時前だが閑散とした状況。
b0211800_2052195.jpg

だがそれも一興、良い画が撮れる。
(やはり暗所に強いRX100、買って正解)
b0211800_205570.jpg

最後に例のRed Hillにも寄ってから宿に帰る。

・・地方の小都市ではあるものの、世界遺産も要する国際的な観光都市との性格も持つ。
そうした特徴もあって旧市街は賑やかで、周辺も手入れされていて寂れた感もそれ程なく、山懐に抱かれたのんびり感が漂う良い街であった。
ただし冬の寒さは半端なく、11月から4月まではオフシーズンを「耐えて偲んでいく生活」とのこと。
乗鞍峠も10月上旬から降雪があるそう。
関西の豪雪地にありがちな幹線道の「雪溶かし放水設備」なども全くなし、凍るとかえって危険なそうで。
瀬戸内気候で冬もダラダラと過ごす神戸市民としては恐縮至極であった(北区はそこそこ寒いが)。

こうして遅めの夏休みの乗鞍・高山ポタは無事終了。
翌日日曜日は、折からの台風18号に先行しようと早めに帰路に就いた。
[PR]
by ichiro82 | 2013-09-19 17:06 | ポタリング | Comments(2)
Commented by miporinjapan1011 at 2013-09-19 23:25
いいですね〜!

とっても旅写真してます^^

私も楽しませていただきました!
Commented by ichiro82 at 2013-09-24 08:24
ミホさん、最後のなんか中々良い雰囲気でしょう。