ブログトップ

東灘からポタリング

akaihiaoih.exblog.jp

ポケロケ・ブロ・マドン、3台の愛車でどこかに出かけた時の記録など

よんでますよ、アザゼルさん。

先日買った書籍の中に入っていたチラシ、そこで推薦されていたのがこのマンガ。
春の息吹が小生の怜悧な脳髄にも、こうしたオポンチ・ネタのつけいる隙を与えたもうたか。
b0211800_2040190.jpg

という事で、ケレン味もなくオヤジ・セクハラギャグが満載。
本は6年前の連載開始で、既に8巻まで出ているとのこと。
もやしもんで有名なイブニング誌連載なので、長年ほぼ欠かさずに手に取っていて見過ごしてたという事らしい(立ち読みだが)。
全く今回まで知らずで来た不明を少し恥じる。
実は過去にテレビアニメ化もされていて(全13話)、こちらはその第1話。

ほぼコミック第1話を踏襲した内容、ちなみに途中のモザイクのかかった「生け贄第2弾」はザクの片足。上の画にも出ている生け贄第3弾はザグのその他の本体。
ガンダムの敵役だが、著作権的に出せなかったらしい。
何と嬉しいことに本春よりアニメ第2弾が始まるとのこと、ちょっと期待。

と、言いつつグーグルで関連画像を見ていて見つけたのはこんなコマ割。
悪魔の怠惰の力によって突如やる気を失った弘兼が、「島耕作」の路線を一気に変えてきた、といったマンガ中マンガ・ネタ。2巻13話のあたり。
同じ雑誌の超大物の先輩にネタを仕掛けるあたり、作者になかなかの器も感じる、か?。
b0211800_9633100.jpg

とか思って元のページを遡ると、何やらハングル語の画面に。
言葉は解さないものの「なるほど、あちらでもこのマンガは受けているのか」と思いながら眺めているとこんな表が。
b0211800_963795.jpg

〜どうやら反日ネタの一つにされていたみたいで。
まぁ最後は彼の国の人たちのこの種の勤勉さに、相変わらず感心しておしまい。
とりあえず対馬の仏像を返して。
[PR]
by ichiro82 | 2013-03-06 19:19 | 書評